講座案内

ミュージックソムリエ講座の目的


この講座では、音楽の楽しみ方をユーザーに提供する為の説明能力、表現能力、感性をも磨く事を目的とし、ユーザーが目的買い以外の商品を購入するきっかけ になるスキルを身につけ、オールインワンでなく、オンリー・ワンなオリジナルのレコメンデーション、感動や豊になる気持ちを説明できる能力を発揮出来るよ うになることです。



ミュージックソムリエ・ベーシックとは


自分自身が感動しないものを誰かに伝える事はできません。
自分が一番好きな音楽を、もっと深く探求しませんか?
その作品が生まれた物語や作者が影響を受けた作品、歴史や背景と共に伝えられれば
音楽を聴く事がもっと愉しくなります。
自分が感じ、学んだ感動を多くの人に伝えていきませんか?


お申込みはこちらから

ミュージックソムリエ・ベーシックは、音楽とのコミュニケーションによって自分と音楽との関わりを見つめます。講座では、今の自分を成り立たせてきた「ルーツ」を、音楽を通じて追及します。

まず最初に、もっとも自分が影響を受けた音楽を探ります。
思 春期・青春期に出会ってから、今まで生きてこられたなかで、もっとも繰り返し聞いてきた曲。どのようにして、その曲に、ライブに出会ったのか、誰かの紹介 だったのか、好きな人が聴いていたからなのか。何に感動したのか?そして、そのときの自分を取り巻く背景は?年齢は?季節は?恋愛したとき?失恋したと き?あなただけのその作品に対する物語があるはずです。そして、あなたに物語があるように作品達にも誕生のエピソードがあるはずです。

この講座ではその作品、アーティスト、周辺のエピソードを研究して、作品自体のカルテ作成とともに自分だけの音楽カルテを完成させることをゴールといたします。

ミュージックソムリエ・ベーシックでは、まず自分自身のミュージックカルテを作成します。
そして、自分にピッタリ合う音楽を見つけて他人にそれらを魅力的に伝えるようになる事が出来ます。
それがミュージックソムリエ・ベーシック講座です。

※ 第9期講座よりベーシック講座とは別に上級講座を設ける事に致しました。

ミュージックソムリエ・ベーシックコースの内容


1.音楽の今とこれから〜なぜ今、ミュージックソムリエが求められるのか

音楽業界の今の全体の把握と、なぜ今、ミュージックソムリエが求められているのか社会現象や音楽の楽しみ方の多様化など様々な切り口から学んでいきます。

2.音楽の今とこれから~ミュージックカルテについて

ミュージックソムリエに求められる役割やその果たす音楽シーンでの意味を今の現状を踏まえながら考えていきます。また、ミュージックカルテ作りは講座全体 を通して必要となってくる重要且つ、基本的な手法になります。何故その曲を好きになったのか、自分が分析したように他人のミュージックカルテから、その時 代の背景や出来事を読み込み、自分が持っているデータに照らし合わせて、おすすめする事ができるようになります。(メロディー志向、リズム志向なのか、演 奏者のテクニックによる魅力に興味が高いのか、など)

こ のカルテ作りは回を重ね、繰り返していく事で、作品を魅力的に伝える方法、より聴きたい欲求を喚起させるテクニックを培います。ミュージックソムリエ・ ベーシック講座では講座の最終までに自分のミュージックカルテを作ってもらう宿題を出します。初日の講座ではミュージックカルテ作りの意味を知り、基本を 学ぶ事が出来ます。

3.音楽と権利とその利用〜音楽著作権と音楽著作隣接権

人に何かを伝えたり、発表するという事は著作権や著作隣接権が必ず関係します。
この講座では、基本的な著作権&著作隣接権と、これからの世の中の著作権(ストリーミング、問題点)や著作物の目的別の著作権使用料の無償範囲、有償範囲、ブログやSNSを通して伝えたり発表したりする場合など実務的な例を使って講義します。

著作権の基礎を勉強する事で、基本的な人格権の意義、なぜ著作物が法律によって守られねばならないか、を学びます。

4.音楽制作からの音楽理解

この講座では、簡単な音楽制作の流れ、音楽制作用語、音楽制作の歴史、音楽制作の魅力(今と昔、功罪)、レコーディングエピソードの例を学びます。
ミュージックカルテの特にクレジットを作成する上で、音楽制作の現場で行われている事を知る事でより一層、具体的にイメージして取り組む事が出来ます。

5.音楽の起源とジャンルの相関性

この講座では、音楽の歴史をそれぞれのジャンルの相関関係や映像と音楽の関係などを通して学びます。意外とと自分の好きな音楽の歴史以外に又は好きな音楽のジャンルでさえもルーツを知らなかったり、他ジャンルとの関係を知らなかったりしませんか?
音楽の歴史の全体像を学ぶ事によって、自分の好きな音楽を音楽の歴史という流れの中で捉える事ができます。

6.人に伝わる文章講座

実際に曲を人におすすめする際にあたって、”人におすすめする際の文章”って意外と難しいな?とか、伝えたい気持ちが十分伝わっているかな?と思う方もい らっしゃるのではないでしょうか。公の場に自分の表現したものが掲載される事を前提にベーシックな文章を書くためのスキルを学びます。

7.シチュエーションと音楽

この講座では、映像のコンテを見ながら、その映像のシチュエーションの説明や目的を聞いて、その映像に合う音楽を一緒に考えます。音楽によってどれだけ映 像の見方が変わるのか体験していただきます。ミュージックソムリエはシチュエーションや条件に併せて音楽を様々に選曲しなければならない存在です。ミュー ジックソムリエ・ベーシック講座では、自分ならばこういう映像やシーン、また、実際にある店舗(カフェ、BAR、インテリアショップ、スーパーマーケット など等を想像しながら、条件等も加味しながら音楽をコーディネイトする手段を学びます。

8.ミュージック・シェア

刻々と変わる、IT環境。全ての音楽情報を自分の中にインプット出来るとは限りません。ITをうまく使いこなし、お客様にぴったり合う音楽を探し出してい く、それこそ情報の海の中から探すのは大変な事です。どう検索技術で目的に近づく事が出来るのか、また人に伝えたり発表したりする際に、SNSをどう使う のか、ソーシャル・ミュージックはどのように利用していくと機能的なのか。この講座を受講する事で、目的にぴったり合う音楽を探していく技術や発表したり 伝えたりする方法を会得する事が出来ます。

9.音・人・心「音楽が人に及ぼす効果」

音楽が人に及ぼす効果や作用とは何でしょうか。A10神経と呼ばれる人間の脳はどの ように音を認識するのでしょうか。人の経験と音楽はどのような密接的な関係があるのでしょうか。  この講座では音楽が人に及ぼす効果を考える事によって、人がどんな状況や感情の時にどのような音楽を求めるのかその仕組みに迫ります。自分にぴったり合う音楽を探す時に自分の感情や経験がどのような音楽によってどのように作用するのか知る事が出来ます。

10.ミュージックカルテ(表現)

この講座では講座の始めに宿題として出されるカルテを発表してもらいます。 実際に人に伝えたり発表したりする際に、口頭であれ、文章であれ、作品を魅力的に伝える表現力がミュージックソムリエに最も求められる能力です。作品を通して他者とコミュニケートすることにより生まれる共感、喜びをこのミュージックソムリエベーシックで体得してください。

【ミュージックソムリエ・ベーシックコース 東京10期】

応募日程 2017年5月13日(土)〜2017年6月2日(土)まで
講座日程

5月13日(土)10:00-18:00
ミュージックソムリエ講座概要
音楽の今とこれから~なぜ今、ミュージックソムリエが求められるのか
音楽と権利とその利用~音楽著作権と音楽著作隣接権

5月20日(土)10:00〜18:30
シチュエーションと音楽
音楽の起源とジャンルの相関性
音楽制作からの音楽理解

5月27日(土)10:00〜17:20
人に伝わる文章表現
ミュージック・シェア

6月 2日(土)10:00〜17:30
音・人・心学
ミュージック・カルテ(表現)

6月16日(土)13:00-15:00
試験ガイダンス/修了試験

※カリキュラムの順序は変更となる場合がございます。
※最少催行人数に満たない場合は、講座が閉講となる場合がございます。
※会場は変更の可能性がございます。

応募資格 本募集要項及び注意事項の記載全てにご承諾いただいた方。
満18歳以上の方。
受講料
受講料:50,000円(税別)
【その他:試験料10,000円(税別)、ミュージックソムリエ協会登録料 10,000円(税別)】
※分割払いも対応できます。別途お問い合わせご相談くださいませ。

修了規定 全講座中4講座欠席すると修了試験を受けていただく事は出来ません。
課題を提出していただく事、修了試験に合格していただく事。
講座実施場所 ●会場:Five-D LABO
東京都港区南青山7-4-14 南青山サンハイム1F

■アクセス
*渋谷駅より都営バス01系統 新橋行き 青山学院中等部前停留所下車 徒歩5分
*六本木駅より都営バス01系統 渋谷行き 青山学院中等部前停留所下車 徒歩5分
*表参道より徒歩20分

お申込みはこちらから
電話でのお申込みは 03-5459-8185(平日10:00~18:00)
ミュージックソムリエ養成講座事務局までお申し込みください。

※講座内容に関するご質問等、お気軽にご連絡下さい。
  電話 03-3499-5635